アフターピルの種類

woman is worry about housework

アフターピルにはヤッペ法とノルレボ法と言う2つの方法があります。それぞれ費用や副作用、使用方法に違いがあります。ノルレボはヤッペ法よりも費用はかかりますが副作用が少なくおすすめです。

girl sitting by the window

費用について

woman sitting on sofa is tired

アフターピルは保険適用外なので、どうしても高い費用がかかります。通販なら病院で処方してもらうよりも安く購入することができますが、配送状況などで届かない場合もあるので注意が必要です。

使用上の注意

woman sitting on the bed is stress

アフターピルは用法用量を守って服用しないと、激しい副作用を引き起こす場合があります。また、既に妊娠している場合には効果がないので、妊娠検査薬でもチェックも行うようにしましょう。

失敗することもある

woman is crying

アフターピルは海外通販がおすすめです。
どんなに愛する人との性行為でも、自分で自分の身を守るために避妊は絶対に行うべきです。
それでもゴムが途中で外れたり、破れてしまっていることに後から気付くこともありますよね。
場合によっては、望まない性行為をしてしまったなんてこともあるかもしれません。
そんな時は焦らずにアフターピルを服用しましょう。
アフターピルは行為後72時間以内に服用すればかなり高い確率で避妊ができ、
72時間を越えていても120時間以内であれば効果があるとされています。
アフターピルの知識がある人であれば、万が一失敗していることに気付いても72時間以内なら焦らずアフターピルを服用しますが、
知識がない場合は誰にも相談することができず焦ってしまい、アフターピルを服用しないまま72時間が経過してしまい、
避妊の精度が落ちてしまうということもあります。
アフターピルは排卵を抑制したり、遅らせたりすることで受精を防ぐことができます。
つまり、着床を防ぐことで避妊が可能になるので、着床後に服用しても効果はありません。
本来はあってはならないことですが、断りきれずに避妊をしないまま性行為を行ってしまったり、
ゴムが破れたり外れたりして避妊に失敗した場合、
次の生理が来るまで押しつぶされそうな不安に耐えながら過ごすことになります。
まだ学生の人などは誰にも相談できず辛い思いをするでしょう。
性行為は愛する人とのコミュニケーションとしてとても意味のある行為ですが、何かあった際に傷つくのは女性です。
アフターピルはそんな女性をいざと言う時に守るための強い味方になってくれます。

アフターピルを処方する場合には保険適用外となる為、全て実費での購入となってしまいます。
また望んだ妊娠ではなく望まない妊娠であれば第三者へ話すことは出来れば避けたいものです。
そういった場合には通販サイトの利用がとても便利です。個人輸入代行サイトを利用することで利用者の代わりにサイト側で海外医薬品を届けてくれるというシステムです。
購入方法も簡単で普段洋服などを買うような通販サイトと全く変わりありません。
通販サイトでは主にアイピルと言う緊急避妊薬が販売されています。
経口避妊薬のアイピルはノルレボジェネリックです。その為、処方よりも低価格で購入することができますが、海外からの発送と言うことで届くまでに約二週間ほどかかってしまうことが唯一のデメリットであるともいえます。
もしアイピルの通販をお考えの場合には日にちを計算してから購入してください。

避妊薬はアフターピルだけではありません。
緊急時のみに効果を発揮するもの以外にも常時飲み続けることで妊娠を回避することの出来る低用量ピルもあります。
産婦人科などでも処方されており、比較的副作用の少ない点がメリットであります。また低用量ピルのような避妊薬は避妊の効果だけでなく生理不順の改善や肌荒れなどにも効果的でもあります。

避妊薬の低用量ピルの効果・副作用はコチラ