girl sitting by the window

費用について

woman sitting on sofa is tired

アフターピルには保険が適用されないことがほとんどなので一般的な薬を購入するよりもコストがかかります。
また、アフターピルを処方してもらうならまず病院に行くことになるので診察料、初診料もかかります。
ヤッペ法とノルレボ法なら、ヤッペ法の方が比較的価格は安く、約10,000円前後だと言われています。
ノルレボ法は15,000円~2,000円前後と言われているので、かなりの差はありますね。
ただ、ヤッペ法はノルレボ法に比べると副作用が酷く、また避妊率もノルレボ法が約84パーセントであるのに対し、
ヤッペ法は約75パーセントだと言われています。
アフターピルは通販でも購入することができます。
診察料などがかからないこともあり、病院で購入するよりもかなり安く購入することができます。
ノルレボ法のアフターピルでも1箱3,000円前後で購入できます。
「アイピル」なら、通販んだと一番安いもので1錠1箱で1,000円以内で購入することができます。
中には妊娠検査薬とセットで購入することができるものもあるので、そちらもおすすめです。
避妊に失敗して病院に行くことに抵抗がある人からすると、顔を見られることなくアフターピルを購入できるのはとてもありがたいことですよね。
ただ、アフターピルは早く飲めば飲むほど避妊率が高まると言われていて、最大120時間以内なら効果があるとは言われていますが、
72時間以内に飲むかどうかで避妊率は大きく変わります。
通販で購入することで、配送状況などでは72時間以内に届かないという大きなリスクもあるんです。
また、激しい副作用が出た際などのアフターケアを受けることもできないので、
安全に利用しようと思うなら病院で処方してもらうのが一番ですね。
ただ、もしもの時に焦らないためにも、事前に通販で購入しておくと言うのも良いかもしれません。