girl sitting by the window

アフターピルの種類

woman is worry about housework

アフターピルには「ヤッペ法」と「ノルレボ法」と言う2つの方法があります。
ヤッペ法は、昔からあるアフターピルで、まず性行為を行ってから72時間以内に「中用量ピル」を2錠服用します。
それから12時間後にまた中用量ピルを2錠服用することでアフターピルとしての役割を果たすというものです。
ヤッペ法は吐き気や倦怠感などの強い副作用を引き起こすことが多く、2回に分けて服用することで飲み忘れのリスクも高まり、
現在ではヤッペ法よりノルレボ法を勧める病院が多いです。
ただ、アフターピルは保険が適用されないことがほとんどなので、費用を抑えるためにノルレボ法よりも費用が安く済むヤッペ法を利用する人も多いですね。
一方で、ノルレボ法は2011年から適用されるようになった日本国内初の緊急避妊薬です。
ノルレボ法は性行為から72時間以内に2錠を服用するだけ。1回の服用で効果があるので飲み忘れのリスクもなく、ヤッペ法のように吐き気などの副作用もほとんどありません。
ノルレボ法の中でも「アイピル」はジェネリック医薬品として一番人気のアフターピルです。
性行為から24時間以内に服用すれば、より高い確率で避妊することができます。
副作用がほとんどない、とは言っても「緊急避妊薬」であることに変わりはなく、本来飲まなくて良い薬を飲んでいるわけなので、
リスクがゼロと言う訳ではありません。
そして、残念ながらヤッペ法でもノルレボ法でも避妊率は100パーセントではありません。
しかし、これはゴムでも100パーセントの避妊率ではないと言われているので、
性行為を行うにはそれなりのリスクがあると言うことを忘れないようにしたいですね。